オフィス家具について

| コメント(0) | トラックバック(0)

リサイクルショップジョイフルのじゅんぺいです。

今日は少し真面目な話で、弊社がメインで販売しているオフィス家具のお話をします。お付き合いください。

オフィス家具は長く使用するために頑丈にそして使いやすいようにつくられています。

例えばオフィスチェア(事務椅子)は長く座ることを前提につくられており機能もさることながら座り心地や耐久性も考えてつくられています。

なので良い商品は自ずと小売販売価格も高くなるのですが、オフィスメーカーのカタログをお見せするとメーカー希望小売価格がこんなに高いのかとお客様にびっくりされることが多いです。

またチェアだけでなくカタログに載っているほとんどの商品のお値段が高いです。

その理由として長く使えるというのが1番だと思います。

長く使えるということは品質が良い=値段が高いということですね。

リサイクルショップジョイフルでは起業されるとき、買い増しされるときなど設備投資を少しでもお安くされたいお客様により良い商品をご購入していただきたいと思っております。

最近オフィスメーカーの物とは言えないほどの商品やオフィスメーカーではない粗悪品がかなり出回っています。

一度使われたお客様はお分かりいただけると思いますが、すぐ壊れたり使えなくなったりと販売している側からすると疑問に思うことが多いです。

本来長く使用するはずの商品を安くするために耐久性を低くしているのが原因です。

もちろん安い値段でご購入したいお客様も多いのが現状なので、説明させていただいた上でその粗悪品のオフィス家具は出来るだけお安く販売します。

ですが出来るだけ良いものをその商品に合ったお値段でお客様には購入して頂きたいというのが弊社の考え方です。

良いものをお客様に納得していただいたうえで買っていただきたいです。

そこで弊社がお勧めするオフィス家具メーカーをURL付きで何社か紹介したいと思います。

ただしこのオフィスメーカーの商品でも安く作っているものやある一部分が壊れやすい商品もございますのでご了承ください。


オカムラ(日本) http://www.okamura.co.jp

コクヨ(日本) http://www.kokuyo.co.jp

ハーマンミラー(アメリカ) https://www.hermanmiller.co.jp

スチールケース(アメリカ) https://www.steelcase.com/asia-ja/

ウィルクハーン(ドイツ) http://www.wilkhahn.co.jp

ノール(アメリカ) https://www.knoll.com

ヴィトラ(スイス) https://www.vitra.com/ja-jp/home

イトーキ(日本) https://www.itoki.jp

内田洋行(日本) http://www.uchida.co.jp

トヨセット・トヨスチール(日本) http://www.toyoset.co.jp/index.html

生興(日本) https://www.seikofamily.co.jp/top.html

ナイキ(日本) http://www.naiki.co.jp

ライオン(日本) https://www.lion-jimuki.co.jp


色々なメーカーがありますね。

これ以外にも色々なオフィスメーカーがございます。

カッシーナ、フリッツハンセン、USM、ジロフレックス、ウィスナーハーガー、カルテルなどカッコ良い海外メーカーもあれば、プラス、ホウトク、クロガネ、オリバー、パブリックなどまだまだ日本のメーカーもございます。

仕入れ担当の僕としては、オフィスメーカーの商品は耐久性に優れているものが多いため、オフィスメーカーの良い商品を出来るだけ多く集めれるようにもっと頑張りたいです。

また海外メーカーのものも多く仕入れができるといいですね。

それではこのへんで。



じゅんぺい

now playing : 家族の風景 - ハナレグミ

https://www.youtube.com/watch?v=v5boRsZaSbE

TOPへ戻る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://e-joyfull.com/mt/mt-tb.cgi/144

コメントする

カテゴリ

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by Movable Type 6.0.3